本文へスキップ

有限会社東京損害補償センターは日本損害保険協会認定の損害保険トータルプランナーにより運営されているプロフェッショナル総合代理店です。

TEL. 03-3865-4331

〒101-0025 東京都千代田区神田佐久間町2-13 竹内ビル

履行保証110番 03-3865-4331

建設業関連保険
建設業における損害保険の加入につきましては「保険に加入した」だけでは企業の包含するリスクに対応出来ているとは言い切れません。
特に昨今では二次下請以降の現場入場を制限するなど、大手ゼネコンを筆頭に現場の管理が厳しくなっております。
従いまして、自社の構造(協力会や同業者を含む)を見渡して頂いた上で先ずは労働災害周りからきちんと保険(政府労災から民間保険)を見直し、御社に最も適切な条件を整えて戴きますようお願い致します。

弊社では御社のリスクを適確に診断し、必要最小限、最大範囲での補償を御提案申し上げます。

建設業関連保険の種類
労災総合保険(純然たる政府労災の上乗せ補償で一般的に掛け金も廉価です))
任意労災保険(政府労災の適用がなくても補償されるタイプのものです))
使用者賠償責任保険(労災訴訟対策用の補償で労災訴訟対策には不可欠です)
第三者賠償責任保険(賠償事故対策への補償、企業保全に必須です))
雇用慣行賠償責任保険(労働審判等への対策は今や必須となりました))
建設工事・組立保険(新築・改修工事の補償は公共工事でも必要です))
履行保証保険(公共工事における契約保証は事前の準備が必要です))
その他専門職種向け保険(業態別補償対策)

貴社のBCP対策にも繋がる重要な保険はこの他にも多種多様にありますが、弊社では貴社の実情に沿った内容でリスクを判断しご提案を申し上げます。

こんな経験はありませんか?

「従業員を
解雇したら労働審判にかけられ〇百万円支払わされた」
政府労災を申請したのに、もっと払えと訴えられた」
「道路
工事中に通りかかった車両のガラスが割れたと修理費を請求された」
「改修
工事中に塗料飛散事故を起こし車両を汚してしまった」
特別加入をしていない作業員が負傷してしまった」

貴社のリスク管理をしっかり行っておけば慌てる必要はありません。
BCP(事業継続計画)にそったリスクヘッヂのお手伝いを致します。

お問い合わせメールは 
MAIL


バナースペース

有限会社東京損害補償センター

〒101-0025
東京都千代田区神田佐久間町2-13 竹内ビル

TEL 03-3865-4331
FAX 03-3865-4345
mail MAIL