本文へスキップ

有限会社東京損害補償センターは日本損害保険協会認定の損害保険トータルプランナーにより運営されているプロフェッショナル総合代理店です。

TEL. 03-3865-4331

〒101-0025 東京都千代田区神田佐久間町2-13 竹内ビル

公共事業と履行保証保険

北海道から沖縄まで電話一本で即日対応中
履行保証保険のお申込み方法

(1)公共事業の落札と履行保証保険(契約保証)の種類について


履行保証には従来からある「
履行保証保険」と一般的に「履行ボンド」とよばれる「公共工事履行保証証券」がございます。 
公共事業においては通常は履行ボンドを発行するものですが、発注者の指示によっては「履行保証保険」と限定指定される場合があります。
入札時に手渡される
契約保証に関する指示書などをよく確認した上で貴社の窓口となる保険会社・代理店までお申込み下さい。


(2)履行保証保険(契約保証)等のお申し込みは

必ず落札と同時に発注者の指示に従い手続きを進めて下さい。
履行保証保険の保険期間は申込日以降となりますので、落札の翌日が契約予定日、さらにその翌日が工期の初日にあたる場合などでは証券作成が間にあいません。発注者によっては受け付けてもらえなくなることもありますので十分にご注意下さい。また保険期間を遡及した履行保証証券の発行は原則として出来ませんので充分にご注意下さい。まずは貴社の窓口となる保険会社・代理店へ早急にご連絡をとって下さい。

 

履行保証のことなら 03-3865-4331 へお電話を



(3)履行保証保険(契約保証)のご加入手続きは?

まずは落札された契約の内容等を
FAXやメール貴社の取引代理店にご通知下さい。
契約書が手元にない場合には入札通知書等でも結構です。
契約書に記載されるべき事項が正確に分かるものであれば、他の書類でも結構です。なお、
前払金の保証は損害保険会社では行えません。前払金保証は東日本建設業保証梶A西日本建設業保証梶A北海道建設業信用保証鰍ヨご連絡下さい。建設業保証会社では前払金保証と契約保証を一緒に契約することもできます。

 @工事件名(契約書に記載のもの)
 A工事現場住所(契約書に記載のもの)
 B請負金額(消費税込み)
 C発注者名(契約書に記載の全文)
 D発注者住所(契約書に記載のもの)
 E請負者名(契約書に記載の全文)
 F請負者住所(契約書に記載のもの)
 G契約締結日と予定工期

必要なものは上記の項目となります。読み方には必ず「
フリガナ」をお願いします。漢字や振り仮名の間違いでも発注者様の窓口で指摘を受けるケースが増加しております。

FAX03-3865-4345までお願いします。



4)履行保証保険(契約保証)を新規にご加入の場合

履行保証保険は一般の自動車保険や火災保険のように、どなたでも加入ができるものではありません。
保険会社からみる履行保証保険は銀行における「融資」に近いものがあります。
従いまして通常は
事前に履行保証保険の与信枠(引受限度額)を設けておかないと加入ができません。
引受保険会社も、どこの会社でもOKというわけにもまいりません。
保険会社の営業方針で履行保証保険の引受けを行っていない会社もあります。
また、昨今では自動車保険・工事関連保険等の一般保険で
既取引がないと与信枠(引受限度額)がとれませんので先ずは貴社が現在お取引のある保険会社や代理店とご相談を下さい。それでも断られてしまうようでしたら弊社で出来る限りのご相談にのらせて戴きます。弊社では建設業専門代理店の立場から、保険会社と履行保証保険発行の枠組みを設けておりますが、それでも新規引受の場合は状況によりお役に立てないこともありますのでご了承下さい。

近々の内に公共工事の落札予定がある場合には事前に与信枠(引受限度額)の確保手続きを致します。次の書類を弊社あてにお送り下さい。

 @
決算書写し(直近の3期分、勘定明細は除く)(必須)
 A営業案内
 B工事経歴書
 Cその他保険会社所定の書類
 D現在ご契約中の保険証券の写し

上記A〜Dはケースにより必要とする場合もございます。


(5)弊社ご契約者及び会員企業の皆様へ

従来から履行保証保険のご利用実績のある場合でも、一年に一度再申請の上で与信枠(引受限度額)の設定手続きが必要となりますので御注意ください。与信枠の更新には毎年決算書の写し(原則勘定明細は不要)を戴いておりますので予めご了承下さい。また、引受保険会社の営業方針転換により履行保証保険発行会社が変わることがありますので予め御了承下さい。弊社では
原則としてご加入手続きの翌日に証券がお手元に届くよう手配を致しております。
(一部遠隔地では中一日以上を要しますので御容赦下さい)
ご相談、ご加入手続きは北海道から九州沖縄まで日本全国承ります。

赤字決算・債務超過にご注意下さい。 保険会社の与信枠(引受限度額)確保にあたり、会社の信用状況が調査されます。 赤字決算、或いは債務超過状態である場合、与信枠(引受限度額)が確保出来ないことがあります。

その他、履行保証保険に関する御意見や御質問は下記へお願い致します。

お問い合せは MAIL 
TEL 03-3865-4331  
FAX 03-3865-4345
 



(註)
この頁は履行保証保険・履行ボンド・入札保証保険の概要を説明したものです。 保険商品名や保険の補償内容は引受保険会社により異なります。
ご契約にあたっては必ず各引受保険会社の商品パンフレット及び 「重要事項のご説明 契約概要のご説明・注意喚起情報のご説明」をあわせてご覧ください。 
また詳しくは普通保険約款・特約集をご用意しておりますので、取扱代理店または引受保険会社までご請求ください。 ご不明な点につきましては取扱代理店または引受保険会社に御問合せください。

保険のご相談は損保トータルプランナーのいる代理店が安心です。

あいおいニッセイ同和損害保険株式会社  2017年8月承認 B17-101756

情報短信
履行保証保険・公共工事履行保証証券の加入と同時に建設工事保険・組立保険のご加入もお勧め致します。
2019年の台風では公共工事の現場で甚大な被害が発生しておりますので十分ご注意下さい。

帝国データの信用情報にご注意下さい。 希に帝国データの調査を拒否されるケースがありますが、その場合には帝国データの評点が空欄となり保険会社のスタンスによっては履行保証保険の与信枠確保に大きく影響します。

発注者様、受注者様の双方からのご質問に「破産管財人による契約解除がなされた場合に履行保証保険は補償の対象となるか?」というものがあります。
回答は「補償されます」ということになります。 履行保証保険の自動付帯となる特約条項に「保険金支払等変更特約条項」があり、本特約により保険契約者(受注者・債務者)側の破産管財人等による主契約解除でも担保することが出来る旨定められております。


債券法改正に伴う履行保証保険・公共工事履行保証証券の瑕疵担保特約について改めてお知らせ致します。
履行保証保険及び公共工事履行保証証券(履行ボンド)における瑕疵担保保証特約について度々質問を戴きますが、これは下記の記事にも書きました通り、この4月からの債券法改正(民法)に準じて変更されております。 瑕疵と言う言葉が一般的ではないため、これを請負契約の目的物(工事等)に欠陥があった場合、それは契約内容に適合しないとして契約不適合責任に変更されたものです。 履行保証保険及び公共工事履行保証証券(履行ボンド)においては発注者より旧瑕疵担保特約を要求された場合に、今後は契約不適合責任特約(名称未定)となります。 現状では保険会社の発行する履行保証保険及び公共工事履行保証証券(履行ボンド)の証券上は「瑕疵担保特約」となっておりますが、その取扱いは改正された債権法に準じておりますのでご安心下さい。


2020年4月1日の債券法改正に伴い、履行保証保険の瑕疵担保責任は契約不適合責任に読み替えられることとなりました。従いまして保険証券上に瑕疵、瑕疵担保責任と表記されておりましても自動的に契約不適合、契約不適合責任に読み替えられ、債券法改正に準じた取り扱いとなります。 おって保険会社も債券法改正を反映した商品改定を行う予定ですが、時期的には2021年の4月頃になる予定です。


バナースペース

有限会社東京損害補償センター

〒101-0025
東京都千代田区神田佐久間町2-13 竹内ビル

TEL 03-3865-4331
FAX 03-3865-4345
mail MAIL